ロボコンマガジン編集部員日記

ロボットつれづれ日記
<< 万世橋ルネッサンスII~住んでみたい町、住み続けたい町の復活~ | main | 彼女も・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
ROBO_JAPAN2008
こんにちは。最近芸能ネタに疎い編集長です。アイドルもそうですが、お笑い芸人も疎くなりました。やばいですかねえ?

さて、今日は「ROBO_JAPAN2008」の記者発表が行われました。
「ROBO_JAPAN2008」とは、最先端のパートナーロボットが一堂に会するロボットの博覧会です。開催は10月11日から13日までの3日間。会場はパシフィコ横浜となります。
テーマが「見て、触って、対話する」で、ロボットを見るだけではなく、実際に触ったり、作ったりもできるイベントとなるようです。具体的にどんなことができるのかというと、以下のような感じです。

・i-SOBOTの体験(実際にi-SOBOTで遊べるそうですよ!)
・wakamaruの操縦
・ロボットハンドの遠隔操作
・ロボット工作教室
などなど。

ステージでは、ASIMOが1日5回のステージデモを行うほか、wakamaru、EVOLTA(あの、パナソニックの「EVOLTA」のキャラクターロボットですね)などのデモも行われる予定です。

そのほか、セミナーも連日開催されます。例えば「次世代ロボットをビジネスにできるか」(産総研知能システム研究部門副部門長 比留川博久氏)「家庭用ロボットの現状と未来」(iRobot CEO コリン・アングル氏)「人に役立つロボットとは」(東京工業大学広瀬茂男教授)等々です。

おっと、忘れてはいけません。第14回ROBO-ONEはROBO_JAPAN2008内で行われます。場所は「ROBO-ONE Stage」。展示会などではだいたいGPが開催されてきたのですが、今回は本選です。予選からやります(11日予選、12日決勝)。いろんな意味ですごい大会になりそうです…

で、「ROBO_JAPAN2008」応援団長として登場したのが狩野英孝さん。i-SOBOTと一緒に登場して、さまざまなモーションを披露していました(ま、ちょっと失敗もありましたが…)。
イメージソングを歌うのは「アイドリング!!!」で、こちらも記者会見にさまざまなロボットたちと一緒に登場しました。それぞれのロボットと一緒に過ごしていたそうで、「パロ」や「ハローキティロボ」に癒されていたりしたみたいですよ。コメントからすると、「パロ」や「PLEO」がウケていたみたいです(i-SOBOTと過ごしていた方もいたのですが、i-SOBOTに関しては狩野さんのほうが語っていました)。

ROBO_JAPAN2008
開催期間:2008年10月11日(土)~13日(月・祝)
11、12日は10:00~18:00、13日は10:00~17:00
会場:パシフィコ横浜 展示ホール、アネックスホール
入場料:大人 当日1500円(前売 1200円)
    中高生 当日1000円(前売 800円)
    小学生 当日600円(前売 500円)
    ※未就学児は無料、団体(30名以上)は前売料金で入場可能
プレイガイド:
チケットぴあ 0570-02-9999 (前売券Pコード 986-222)
イープラス
ローソンチケット 0570-000-777(オペレーター10:00~20:00)0570-084-003 (Lコード 38013) 
フジテレビ エンタメ事務局


狩野英孝
「ROBO_JAPAN2008」応援団長の狩野英孝さんは、i-SOBOTのモーションを披露。
ASIMO
司会の2人のために、ASIMOがミネラルウォーターを運んできました。しっかりデモの時間帯もPRしていきます。
wakamaru
wakamaruはマスタースレーブによる操縦体験もできるそうですよ!
アイドリング
「アイドリング!!!」はイメージソング「トキメキDREAMィング」を提供しています。それぞれ、一緒に過ごしていたというロボットたちと登場。






| ロボコンマガジン | ニュース | 17:09 | comments(0) | trackbacks(1) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:09 | - | - | -









http://robocon.jugem.jp/trackback/294
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/09/24 8:17 PM |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ